リフォームをする人の特徴|リフォーム 名古屋ネット

リフォームをする人の特徴

外見を重視する人が多い

常に見栄を張っているイメージの強い名古屋の人々ですが、やはりその県民性はまさにイメージどおりで、外見をとても気にする傾向にあります。
リフォームをするから外観を重視しても問題は全くないのですが、外観に費用をかけすぎるという点では名古屋は他県に比べて多いといわれています。
また、ご近所同士で見栄を張りあってお家自慢をするという傾向も珍しくないため外観に費用をつぎ込んでいるということもあるようです。
あの、金のシャチホコが中心にある名古屋ですから当然外観にはかなりのこだわりを持っている地域になると考えられます。
また、いらないところにお金をかけないという主義なので投資する時に必要な費用をためるのがとても上手であるためこのようないざという時に費用を惜しむことなく出すことができるのだと考えられます。

お年寄りのいるご家庭

一昔前は洋風でゴージャスな家、2階建や3階建てなどのような母屋の上に家を建てていくという今で言う二世帯・三世帯住宅など、家にも流行があり、全てその時代の流行に沿った建物の造りの名残がいまだに名古屋にも残っています。
見た目には今でも豪華で洋風作りのデザインは今の若い方に受けるつくりだと思いますが、あくまでも体が丈夫で健康な世代に重点をおいた家造りをしています。
ですが、今の現代の特徴として「少子高齢化」といわれているようにお年寄りが多くて子供たちが少ないという時代になっているため、日本の総人口の中で高齢者が比率的に多いといわれているのです。
そのため、家屋の作りもお年寄りに優しい家造りを目指しているため、最近では、段差などのような障害をなくしてお年寄りにとって快適な住空間に変える「バリアフリー」というスタイルにリフォームする方が増えてきている傾向があるようです。


このページの先頭に戻る